2015年03月01日

2015年3月

寒さがやっと和らいできました。緑のない冬枯れのような枝だらけの山から、
昨日は「ホーホケキョ」の声が聞こえてきました。
3月、春の訪れです。

我が家の情けない庭にもチューリップやらアネモネやらと、昨年の秋に生協で
買って植えた「お徳用球根セット50球」がいくつか芽を出し始めています。
スペースがないのと肥料を入れてないのとで、毎年ひょろりんとした花しか
咲かないのですが、それでも色とりどりの花を見ると「春だなぁ」と感じられ
幸せな気持ちになります。
「宿根」と書いてあるので、本来なら一度植えれば毎年咲くはずなのに、
二年目からは情けない葉がヒョロッと一本出るくらいで大きくならず花も咲かず。
周りからは「肥料を入れろ」と言われますが、我が家には猫がいるので足について
舐めたら大変と思うのもあり、それより何よりめんどくさいし分量がわからんので、
「自力で咲け!!」と放任主義です。
花には気の毒ですが、今年はどこまで咲いてくれるかな。

頑張る花に反して人間はというと、年末から私はあれこれ心配事が重なり、
ダメージが許容量を越え、なかなか気力が沸かない日々です。
80を越えた母はひどい鬱病になり、子どもは思うような道に進まず、道さえ見えず、
心が重い。
さらに私の仕事もトラブル続き。その上に車をぶつけてしまい、相手にごねられて
サンザンな日々。 何くそ負けないぞ、と思うものの、頑張ろうという気力が続かぬ。
跳ね返すパワーがほしい。
お祓いに行くしかないかと思う毎日です。

頑張る原動力が欲しい私は「マツコの知らない世界」や「月曜から夜ふかし」を見て
現実逃避。マツコさんのパワーに助けてもらっております。 あの巨体、あの存在感、
癒されます。 何より博識だし正直なのがいい。
お笑い芸人や訳のわからぬモデルだらけの雛壇番組や、
毎週見続けないとわからなくなるドラマはもう飽きた。
「マツコの知らない世界」は、毎週その道を突き詰めた人がゲストで、
「コンビニおでんの達人」や「天気予報の達人」など、その道でお金を稼いでる
ようでもなく、「好きがこうじてここまでになってしまいました」的な人が話す
世界は、聞いててすごくおもしろい。何でも突き詰めるのって宝だなぁと感じます。
好きなことに向かうパワーって偉大だぁ…。
私にはそういう世界がないけど、今からでも何か見つけたい。でも私は何が好き
なんだ?と娘と話していると、娘が「死ぬ前に何が食べたい? 何がしたい?
それが一番好きなものと違うのん?」と言ったので、いろいろ考えてみた結果、
食べたいものは「生麩」という答えになりました。娘は「ふ〜ん。私は死ぬ前に
タラコスパゲッティやな」と意外な答。
おもしろいのでいろいろな人に尋ねてみました。
「牛刺」「焼き肉」「トマト」「豚の角煮」「オムライス」「茶碗蒸し」
「セブイレのシュークリーム」「開店寿司の海老アボガド」「散らし寿司」
「とろろ蕎麦」「奈良漬」「卵かけご飯」などなど、誰一人として同じ答を言わず、
見事にバラバラ、多種多様。 それが思い出の味、という訳でもなく、大好きで
いつも食べたいもの、という訳でもなく、「う〜ん、なんとなくそれかな」
というのがほとんどでした。

娘にそれを伝えると、「ほんで、死ぬ前には何がしたいの」と聞かれたので、
しばらく考えて答えた私、
「枕元に猫がいて、その猫の寝息や寝言が聞きたいかなぁ」。
娘「ふ〜ん。寂しい人生やな。生麩に猫の寝言かい。華やかさナシや、すでに老人」
と冷たく言われ、ますますパワーダウンしてしまいました。
私の人生にも春が早くきてほしい!
華やかさなんかいらない、安心が欲しい!
穏やかな気持ちで過ごせる日々が欲しい!

娘にそう言いかえすと、「まあ無理やろ。親の安心は子どもの幸せあってこそや。
まずは私が幸せにならんと母さんの幸せは来ないわ。なので2万ほどちょうだい、
ユニバ行きたいねん」

…。 なんやそれ。思わず笑えてきて、「ちょっと気持ちが軽くなったわ」と言うと、
娘が「ついでに財布も軽くしとき。だから出して、2万円」。

だいたい私は子どもの行く先を案じて悩んでるのに、なんとも親の心 子知らずなこと。
親なんて損な役回りですよ、ホント。
お気楽娘に思い通りにならぬ息子。まだまだ悩み尽きぬ日々が続きそうですわ…。

posted by 安楽満 帆志 at 00:00| Comment(0) | エッセイ