2015年11月01日

2015年11月

えらく寒い日が続いたかと思えば急に暖かかったりと、初秋なんだか晩秋なんだかわからず、寝てても毛布を被ったり蹴飛ばしたりしている毎晩ですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

我が学校も文化祭が終わり、やっと一息ついたところです。
秋はイベント目白押しで、老体には堪えます…。
しかも、数年後に特別支援学校では特別支援の免許がないと働けないという制度に変わったために(今までは理科や英語など、教科の免許があれば働けた)、50を越えたというのに新たに特別支援の免許を取るべく5万も払って通信講座を申込み、毎日勉強に追われる日々。
と言うか、気持ちは追われてるけど、全然勉強進まず。仕事から夜8時頃に帰ってきて、夜ごはん作って洗濯してお風呂入ってベットに入ってパソコンを開き、ネットで通信講座を開く。 5分で意識モウロウ。ネット講座は映像もなく音声が流れるだけ。難しい特別支援の歴史だの何だのを説明する先生の講義はお経のように耳の上を通りすぎ、パソコン開いて10分後には爆睡。な〜んにも頭に残らずページも ち〜っとも進まんのです…。
朝に「あ〜また寝てしもた…明日こそは」で、もう2ヶ月が経ってしまいました。
ただでさえ記憶分野の能力がダダ落ちなのに、間に合うのか私!?
「誰か私にカツを入れてくれ〜!!」と叫びたい。
土日にやりゃいいじゃん、と思うでしょ? できないんだなぁそれが。
机の前に座ってパソコンを開く。講義スタートして10分で気が散る。
「サツマイモあったし、スイートポテト作ろうっと」とか、
「おいしい紅茶でも入れて聞こう」とか、ついつい椅子から立つ。
立ったら次々違うことしたくなる。

友人曰く「逃げやな、それは。現実逃避や。無理やで、もう諦め。
試験1月? 無理無理。正月でさらにヤル気ダウンや」
とカツ入れるどころか落としにかかる始末。
娘に「お母さん、偉そうに私にいつも言うやん、『毎日、時間を決めてやる! ここまでやるまで寝ないぞという覚悟でやりきらないと人間は堕落するばっかりや。計画どおりにならんと気持ち悪いくらいの習慣づけをしろ』と言うくせに。どの口が言うてんねん、自分はできてへんのに。」
と言われ、返す言葉もございません。
さらに「試験結果、楽しみやわ〜。落ちたら思いきり言うてやる、倍返しや」と、半沢直樹かよっ!

「秋っちゅう季節がアカンのや。食べ物はおいしいし、夜は寝やすいし、快適な季節が悪い」
と、理屈にもならぬ言い訳をしたものの、とにかくなんとか受からねば沽券にかかわるわけで、今日こそはやりきるぞ、と決意し…決意しても自信ない。もはやパソコン開かなくても分厚いテキストを見ただけで「明日にしよ」と思ってしまうダメダメな私に成り下がってしまっているのです。

posted by 安楽満 帆志 at 00:00| Comment(0) | エッセイ