2016年05月01日

2016年5月

やっと休める、と楽しみにしていたゴールデンウィークも終わってしまいました…。
皆様はどこかにおでかけになりましたか?

私は4月に学校内での学部が異動になり、6年間いた中学部から、高等部(高校生)の担任となってしまいました。
前に担任していたクラスでは分刻みに動くような回転の速い日常だったのが、今度はものすごくゆっくりペースの生徒たちのクラス。言葉もゆっくりだし動きも待ちが長い。
「昨日は何をしていましたか?」の問いかけにも、「え〜とね〜…きのうは〜〜、家で〜、え〜っとぉ〜」てな調子でひとつの話をするにも何分もかかる。それを他の担任は菩薩のような微笑みで「そぅっかぁ〜。それは楽しそうだねぇ〜。」などと言葉が終わるまで気長に聞いて優しい相づちを打っておられる。
私はといえば、顔はニコニコと微笑みを浮かべて(作り笑い)聞いてるものの、超イラチの私の心はもうイライラの限界。じっと聞くってこんなに難しいものなのね…。
他の2人の担任もゆっくりペースの人たちで、優しくて穏やかで柔らかい。だからこそゆっくりクラスにピッタシな訳で、ならばなぜ「早口、早飯、早歩きの超イラチ」の私がこのクラスの配置なのか!? 1分もじっとしてられない性格なのに、絶対配置ミスだよ!

家でボヤいていると、娘が「それは神の采配。あなたに一番欠けてる部分だから。」と言う。
私「なんですと!?」
娘「自分のペースで人を動かすのではなく、人の気持ちに寄り添い包み込む。神の「少しは落ち着きなさい」との采配」 と、宗教家のようなことを言う。
私にいつも「すぐやる!今やる!すぐ動け!!」と追いたてられてる息子もここぞとばかりに「あんたに与えられた試練やな、まさしく。ゆったりクラスの担任になったのならそのペースに合わす。それこそが教師やろ」と言う。
…はい、ごもっともです。 修業の1年、と考えて人格改造に励みます…。

どんな生徒にも合わせられるようにならねば、イラチとは決別するぞ、と決意し、登校してゆっくりしてる生徒に「あと15分で体育が始まるし、すぐ着替え!」と言いたいところをぐっとこらえて、「そろそろ着替えよっかぁ?」と優しく言う。
それでも絵を描いたりして動かぬ生徒に「時間見て!」と言いたいところ、「そろそろ絵は終わりにしようね」と優しく言う。
それでも「え〜〜」と一向に動かぬ生徒に「早くっ!!間に合わないっ!!」と追いたてたいところを「一緒に行こうね、さぁ、ノートを閉じようかな」と微笑みながら言う。
そして誰もいないトイレで「あぁーーっもうイライラするっ!!」と叫ぶ。 あぁ、やっぱり私って人間できてない、と反省の毎日。

こんな私ですが、環境は人を変えるもの。きっと3ヶ月も経てば穏やかで優雅な人間に変貌してるはず。

ゆったりとしたペースで生きるかわいい生徒たちとの出会いが、新たな私への第一歩、今日も頑張るぞぉっ!! と自分に言い聞かせている日々なのでございます。(自信ないけど)。

posted by 安楽満 帆志 at 00:00| Comment(0) | エッセイ