2016年06月01日

2016年6月

すっかり夏のような毎日ですが、夜はさすがに涼しくて過ごしやすく、グッスリ眠れて朝も起きられず、這うようにして身体を布団から引きずり出す日々です。

5月の我が家は物要りでした(涙)
お風呂の床タイルとバスタブの境目が一部陥没、排水口もボロボロ。
ガレージの波板は日焼けして変形し、台風が来れば剥がれ飛び、3分の2しか残ってない歯抜け状態。
さすがにもうアカンと浴室と波板を改修しました。

築30年のバスタブはステンレス。浴室の壁下半分がタイル、上半分が白壁という構造で、白壁にはカビで黒い模様ができ、半年ごとに「泡ブリーチ」なる漂白剤を吹き付けてたのですが、さすがに「泡ブリーチから解放されたい」思いが募り、「システムバスにするぞ!!」と決意。

しかし、我が家の浴室は、片面が出窓になってるため、真四角のシステムバスは「使えませんので、パネルを側面と出窓と天井に貼り付ける改修になります」とのこと。「じゃあ、それで」とお願いしたものの、お風呂リフォームって高いわ!!
まずは風が吹いたら飛んでご近所にご迷惑をかける波板の交換。すっかりキレイになり大満足。

次に浴室。
バスタブを新しいホーロー製に替え、タイル床と側面下半分をパネルに替え、そこですでに80万…。もう予算オーバー。側面上半分の白壁と天井は泣く泣く諦めることに…(全部やると110万)。

数日間はお風呂使えず、田舎なもんで近くに銭湯もなく、車で10分の川沿いにある釣り旅館のお風呂に行こうと言うと、娘が 「中学の時の職場体験で行った旅館や。ひたすら箸袋に割り箸入れさせられたとこや。絶対イヤ!!」と拒否。
仕方なく車で30分のスーパー銭湯まで行く羽目に…。

スーパー銭湯って、平日夜10時くらいでも人いっぱいなのね、知らなかった。
せっかくだしいろんな種類のお風呂に入りたい私。しかし息子はサッサと上がるから「遅すぎ!!」と怒られる。
急いで脱いで急いで入ってすぐ上がらねばならず、行くのに30分、お風呂が20分、帰り道に30分と、疲れを取りにお風呂に行ってるのに、倍疲れて帰ってくる日々。

そんなこんなで、やっと完成したお風呂。
石鹸やシャンプーやボディータオルを運び入れ、タオル掛けの吸盤フックを着けたらスルスル〜と落ちる。
「前の古いのじゃダメなんか」と思い、新品のを100均に3つ買いに行き、「これでどうや!」と着けたら、またスルスル〜と落ちる。 「安物はさすがにダメか」と、今度はホームセンターへ行き、「どうせならシャンプーとか石鹸とかも置けるステンレスの金網ボックスも吸盤でつけよう」と1つ350円の高い吸盤を10個購入。 ところがそれも着かない! またスルスル〜と落ちていく。

業者に電話して「吸盤がつかない。どうすればいいの」と尋ねると、「奥さん、そりゃ凸凹のあるパネルに吸盤着けるのは無理ですわ。シャンプー台やタオル掛けをつける工事しましょか」と言われ…。
予算オーバーしてるのにこれ以上払えるかいっ!吸盤13個も買ったのにどうしてくれるねん!

頭にきた私は木工ボンドを吸盤に塗りたくり、気合いで押し付け、くっつけました!!

「どや、くっついたやんか、ざまあ見ろ!!」
何にざまあ見ろなのかわかりませんが、 毎回吸盤が落ちてないのを確かめるたびに気分爽快。毎日快適お風呂生活を送っております。(白壁は見ないようにしております)。

2016_06.jpg

左:吸盤で取り付けた金属の網とネット
右:ボンドで完璧、100均吸盤と黒ずんだ白壁


posted by 安楽満 帆志 at 00:00| Comment(0) | エッセイ