2018年05月13日

2018年3月

一年以上のご無沙汰となりますが、いかがお過ごしでしょうか。

昨年は仕事が倍増したのと、母の介護と、子猫を二匹迎えたのと、15才の猫が心筋梗塞になったのとで、シッチャカメッチャカ生活となり、エッセイを放ったらかしにしてしまいすみませんでした。
今年は「きっちり書くぞ」と元旦に決意、しかし既に3月突入。私の決意なぞペラペラの薄っぺらいものとなっております。

子猫は近所の人が「保健所に持って行く」と言うので引き取ってしまい、毎日子猫大運動会。掃除は大変だけど、弱っていく人を看る介護と違い、日々元気さを増して育っていく姿を見るのは気持ちが明るくなっていいものです。息子と娘も早く帰ってきて子猫と遊び、みんな手は傷だらけだけど笑い声が増して賑やか、今の私の癒しです。

しかし老猫の方は、子猫がストレスになったのか、突然後ろ右足が腰くだけのように歩き、ビックリして動物病院に駆け込むと「心筋梗塞で血栓が足に飛んだ、絶対安静、すぐ入院」とのことで酸素室に入れられ9日間入院。ずっと酸素室に入れられ、毎日面会(ガラス越し)に行きました。退院しても呼吸はしんどそうだしエサはあんまり食べずガリガリに痩せて、毎日「生きてる!?」と確認する日々。
ず〜っと生きた心地のしない日々を過ごしております。人間でいうと80はとっくに越えて、年が年だから覚悟はしてるものの、生き物は別れが辛い。何匹見送ってもこれだけは慣れません。 心配と不安でこっちまで血管収縮して脳梗塞になりそう…。私ってメンタル弱いわ、と実感してしまいます。

ピョンチャンオリンピックもアッというまに終わってしまい、楽しみを見つけないとメンタル持ち直せないなと思っている次第です。
3月は卒業の時。
旅立つ生徒たちにエールを送りつつ、私にも明るい春がきてほしい、と切に願うこの頃です。


posted by 安楽満 帆志 at 11:38| Comment(0) | エッセイ