2018年07月09日

2018年5月

ゴールデン・ウィークも過ぎてしまい、仕への意欲がなかなか復活しないでおりますが、皆様はどこかへ遠出などされましたでしょうか。
私は猫と母介護のため実家と家の往復以外どこにも出ずの日々でしたが、私には毎年密かなゴールデン・ウィークの楽しみがありまして…
ゴールデン・ウィーク前後になると、白い藤のような花をたくさんつける街路樹があります。この花の天ぷらが最高にうまいのです。
この木の名前は「ニセアカシア」。和名は「針エンジュ」。

2018_05.jpg

花を房ごと採ると、ものすごいいい香りがしてそれだけで幸せな気分に包まれ、さらに花の天ぷらはプチプチサクサクあっさりとめちゃくちゃ上品な味。
しかも一斉に咲くからあちこちにいっぱい、取り放題!!
花を房ごと天ぷら種につけて油で揚げ、天つゆにつけて軸を手で持って口に入れ、キューッと軸だけ引っ張り出すように食べる。
東北方面の一部の地域ではポピュラーらしいのですが、こっちではこの花が食べられるのを知ってる人はほとんどいないから、私の独壇場です。
今年もスーパーの袋いっぱい採って天ぷらを楽しみ、「今年も制覇したぞ!」といい気分でした。

たまに亀虫がついてたりするので、よく見ないで天ぷらにすると口中亀虫の香りでウゲーッとなるのも罰ゲームみたいで楽しい。

学校で同僚に食べさせたこともあり、みんな「旨い旨い」と取り合い。みんなこのシーズン、「ニセアカシアを見ると、花を愛でるのではなく食べ頃を見計らう」と言うくらい、ニセアカシアファン増幅中。
今年はもう天ぷらには遅く花は咲き誇ってしまいましたので、(房の上が咲いてて下の方が蕾なのが食べ頃)、皆様もぜひ来年はチャレンジして下さい。病み付きになりますよ〜絶対!




posted by 安楽満 帆志 at 11:14| Comment(0) | エッセイ