2018年08月01日

2018年7月

今回の大雨では多くの方が亡くなられ、心痛む思いです。御冥福をお祈りするとともに、まだ見つかってない方々が早く家族の元に戻られることを切に望んでいます。

私の家の近くの川も氾濫まであと少しというところでしたが、今回は大丈夫でした。琵琶湖がパンパン状態だから瀬田川洗堰も全開で、あんなに下に流して大丈夫なんやろかと気になりましたが、宇治川に(瀬田川が宇治川に変わる)被害はなかったようです。川っぺりに住んでる狸とか大丈夫やろかと心配ですが、地震のあとは大雨と、自然の怒りのような感じもして、どんどん消費する生活やガンガン壊す河川工事も見直し、自然を大事にしなければと改めて思う次第でした。

我が家は特に災害への備えもせず、水も買わず、「その時は諦める」体制で生きておりますが、ちまたの方々はちゃんとしておられるのか、大雨が続いた日にスーパーに行くと、水や野菜やとたくさん買い出しする人でいっぱいで驚きました。
みんなすごいなぁ…。学校でも、一日分の飲み物やカロリーメイトのような食べ物を生徒から預かり備蓄してありますが、私は未だに持ってってないし、なっとらん教師であります。
職場の人たちに「備蓄とか地震対策とかしてるの?」と聞くと、「特にしてない」という答が多くて、教師は人に偉そうに言う割にダメな人種かもしれません。
雨のせいか地震の影響か、今年は蜂が多くて、そっちが目下の緊急事態で、クマバチがベランダに巣を作り、1歳にならない何にでも興味津々の猫が蜂を追いかけて眉間を刺され、眉間が大きく広がって、目が横について魚みたいな顔になり、頭にきた私は巣を撤去。スーパーの袋を3重にして巣にカパッと被せてむしりとるという原始的かつ危険な方法でしたが、怒れる母は強し! 大成功!
学校でもクマバチをこの方法で何匹も捕獲し、クマバチが出たら用務員さんではなく私が呼ばれております。
「いつか刺されて痛い目に会うで」と同僚は言いますが、虫系は平気な私は危機感なし。
娘いわく、「母さんは自分を過信してそのうち死ぬタイプ」らしいですが、クマバチがいなくなったベランダでゴロンゴロンと寝っころがる魚顔の猫を見てほっこりした気分になり、「よかったなぁ」と語りかける日々であります。

posted by 安楽満 帆志 at 14:07| Comment(0) | エッセイ