2019年04月17日

2019年2月

立春も過ぎ、寒さはまだ厳しいものの、春の花も蕾が少し色づきはじめて、ようやく春に近づきつつあるのが感じられるこの頃です。
節分にはニュースで巻き寿司の具が大量廃棄されたり豚の餌になってると報じていたので、巻き寿司を手作りする私は「今年は絶対材料を捨てない」と決め、干瓢、椎茸、高野豆腐、海老、カニカマ、卵、三つ葉、青じそ、人参、胡瓜を用意し、巻き寿司作りを始めました。

予定では6本作るはずが、そこはアバウトな私。「干瓢が余る〜っ!」「高野豆腐が使いきれないっ!」と、それらを使いきるために結局他の具材を買い足し、買い足した具材がまた余り、それを使いきるためにまた他を買い足し、で、なんと14本の巻き寿司ができてしまい、家族も「無計画に作るからや、もういらん、近所に配れ!!」と言う始末、ご近所からも「もう買ったしいらんわ」と断られ、3日かけて食べる羽目になりました。家は酢臭くて胃袋も酢が回ってる感じでもう当分寿司は見たくない…

こういうイベント的食べ物は結局は無駄が出るものなのね…。
次はバレンタイン。生協で頼んだのを忘れ、次の週にも注文してしまい、こちらも無計画の結果チョコの箱が既に6個届いております。チョコは日持ちするし、まあいいわ、とテレビ見ながらボリボリやって、豚街道まっしぐらです。

さて、我が家の猫は低空飛行ながらも元気でおりますが、1月の終わりから物置に腹水がパンパンに溜まったヨタヨタの瀕死の野良猫が住み着いております。「寒い中、のたれ死ぬのは可愛そうだし、死ぬならうちで死んだらええよ、見送ってあげるから」と仏心を出し、猫マットに毛布を買いに走り、さらにカイロを買いに行き、朝に夜にとカイロを変えての世話で忙しい。1週間持たないだろうなと思ってたら、餌を置いても飲まず食わずでもう半月。最初の頃は「生きてるか?」「頑張りや」とカイロを交換する度に言ってたのが、さすがに「実は他でご飯食べてるのか?」「いつまでいる?」という心境になりつつあります。
ヤバイ、住み着いたら困るんだけど…。まあ、何かの世話をしてるうちが花、自分が世話されるよりいいか… 手を出してしまったからには最後までなんとか看ないと…

毎日食べ過ぎでブクブクに太った我が家の「大福(1才のオス猫)」が「僕も僕も」とまとわりつく中で、瀕死の猫のために交換用のカイロを振り振り、「これなら食べるかも?」と刺身や鶏ササミを茹でてる私なのです…。

posted by 安楽満 帆志 at 09:37| Comment(0) | エッセイ