2019年06月04日

2019年5月

4月から心の支えにしてきたゴールデン・ウィークもアッという間に終わってしまい、今や「もう休みが当分ない」という喪失感が残るのみ。
皆様は充実したお休みを過ごされたでしょうか。

ゴールデン・ウィークといっても親の介護と猫の薬タイムに縛られてる私は旅行など行けずで、10日間もあったのにこれといって満喫したイベントはなく、植木を切ったり竹の子を炊いたり、しじみ祭りの手伝いをしたり、冬物を片付けたり、娘と2人で近くの四川料理を食べに行ったり、見たかった海外ドラマをAmazonプライムで見まくったくらい。
それでも仕事を忘れられる開放感は何よりの幸せでした。

日本は令和にお祝いムードですが、私はそんな感じでHappy感なし。
令和も新天皇のお年を考えると20年くらいしかない訳ですが、とにかく戦争に巻き込まれない平和な年であってほしいと願います。
そして雅子様もこれからいろんな表舞台に立たれることで、今まで培ってこられたキャリアや知識を生き生きと発揮されて、ストレスが減るといいなと思います。

令和になったからという訳ではないけど、実家に古銭や旧札をしまってあるのを思いだして、どんなのがあるのかちょっと見てみようと探してみました。
ところが、どこを探しても見つからない。
母に聞いても認知症のマダラボケ状態なもんで
「そういえば置いてたけど、どこにしもたかわからん」
と言うし、押し入れから引き出しから全部見てもない。
「耐火金庫に入れたかなぁ」
というので、金庫(小さな携帯できる金庫)を引っ張り出したものの、鍵がない。

「鍵は?」
「どこかにある」
「どこ?」
「わからん」
「大事なもんしまう場所はどこなん?」
「金庫や」
落語じゃあるまいし…その金庫の鍵の場所を聞いてるんだよっ!

鍵は見つからず、開いたとしても入ってるかもわからず、結局どうにもならない。

だいたい母は昔から極度の心配性で何でもしまいこんで何にでも鍵をかける人でした。
だから実家には耐火金庫が4つもある。
金庫といっても単なる引き出し代わりだから中身はろくなものが入ってない。
確か昔の友だちから来た手紙やら過去の保険の単なる通知葉書まで金庫に入れていたぞ。

「前に見たことあるけど、たいしたお札なかったで。10枚くらいしかなかったし」
と弟が言うものの、見られないとなると余計に気になる。お宝的価値がないのはわかっていても、とにかく開けたい。 お札が見たいというより開かずの金庫を開けたい。

テレビで金庫開けるプロみたいな人を呼んでご立派なお屋敷の金庫を開ける番組を見たことあるけど、そんな人呼ぶほどの金庫でもなく、ハンドバッグサイズのホームセンターで買ったような金庫だから、2階から落としたら開くかなと考え、1つ落としてみたら、なんと! 開きました!!

中身は… 昔に保険の代理店をしてた時のようわからん書類と、私と弟の小学校の通知票が入ってた。

なんでこんなもん金庫入れとくねん!
こうなったら全部落としてやる!と2つ目もポ〜イ。
開きません…
3つ目も4つ目も開かず、壊れもせず。
頑丈だわ…

頭にきて母にもう一度「鍵どこ!? 思い出してよ!」(無駄だとは思っても熱くなってしまった私は止まらない)
「金庫に入れたかもしれん?」
「は? どういうこと? 」
「Aの金庫の鍵は@に、Bの金庫の鍵はAに入れたかもしれん」
「はぁ〜? も〜っ!!」
「現金100万とか入ってないの?」
「そんな危ないことせえへん。お金は家に置いてても増えへん、減るだけや」
「なんやねん、何のための金庫や!!」
「あんた、金庫開けてどうするつもりやのん?」
「古銭探してるの!」
「それは金庫やな」
「だーかーらー金庫の鍵!!」

話になりません…。

弟は
「2つ目の金庫は中学校の通知票や。3つ目が高校。ほんで4つ目が大学やな。」
と、ヒートアップした私を横目で冷めた態度。

ろくなものが入ってないことだけはわかったけど、開かずの金庫を破壊する方法、誰か教えて〜っ!!


posted by 安楽満 帆志 at 23:22| Comment(0) | エッセイ