2016年08月01日

2016年8月 初針体験

毎日たまらん暑さですが、皆様お身体は大丈夫でしょうか。
楽しみにしていた夏休みも、もう半分が済んでしまい、毎日真面目に休みも取らず学校で勤務してるのに、「これを仕上げたぞ」という達成感もなく、だらけた日々を過ごしております。

高等部になると「職場実習」というものがあり、卒業後の進路に向け生徒たちが作業所へ1週間の体験に行くので、前半はその付き添いに明け暮れておりました。
作業所によって仕事内容が違うので、ひたすら袋にネジを詰める1週間だったり、ビニールハウスの草引きだったり、クッキー作りだったりといろいろな仕事を私も経験してきました。
中でもビニールハウスの草引きは辛かった…。炎天下のビニールハウスは入るなりモワーッと赤熱地獄。そこでひたすら2時間の草引き。「もう無理〜っ」と言いたいが、生徒を含め障害者たちは黙々と作業し、途中のお茶休憩に彼らは「冷たくておいしいねぇ」「暑いけど頑張ろうね」と笑顔。頭が下がりました。もう脳ミソ溶ける暑さですよ。

障害者施設で19人が殺されるという心痛む事件がありましたが、ちゃんと社会の一員として役立っている面も見てほしいと思う次第です。彼らの存在が私のような職業をはじめとしてたくさんの雇用も生み出してるし、彼らの言葉に心洗われ大切なことに気づくことも多いのです。

さて、話は変わりますが、私は夏休みに必ずギックリ腰をやるのがここ5年の常。今年は気を付けて体操もしてたのに、8月頭に椅子から立ち上がった瞬間に「あ、ヤバイ」感。
そろりそろりと能の足取りのように歩きつつ、階段を降りたその時、ズキッと来ました…。
「ウヒェッ」と変な声を出して座り込み、そこから歩けず。立てず進めず。
泣きそうになりながら車に乗り込み、医者へ行きました。

いつもなら整骨院に行くのですが、私のギックリ仲間が「整骨より針やで」と言ってたので、初めて鍼灸院なるものへ行ってみました。

私が今まで鍼灸院を避けていたのには理由があり…
実は私は注射や針が大嫌い。
だからインフルエンザの予防接種も絶対行かない。身体に針を刺すなんて怖いじゃないか!!
我が子の予防接種でさえ顔を背けて見てられない。注射されてないのに自分まで痛い。
魚釣りもダメ。針が口に刺さる魚を見ると、自分の口に刺さってるような痛みを感じる。しかも、一度釣りに無理矢理付き合わされ、竿を振り上げた瞬間に針が親指の付け根に刺さり、医者に「針には返しがついてるので、引き抜くより押し込んで出します」と言われ、ギューッと押し込まれて死ぬ思いをしたし。

実は私は今まで何度も怪我をしてあちこち縫い傷だらけ。
小学校時代には自転車で坂を掛け降りてる時に「ライダージャンプ!!」と叫んで両足を振り上げ(当時仮面ライダーが流行ってたもんで)、その足が前輪に挟まり、スピードが出てたため後輪が上に持ち上がって一回転して側溝に頭から突っ込み血だらけに…。頭を5針縫う怪我でした。
小学校6年の時には、草原を歩いてたら有刺鉄線に太ももをグサリ。3針縫う怪我。
中学では、飼い犬を散歩させてたら近所の犬が飛び出してきてうちの犬に襲いかかろうとしたもので、うちの犬を両手で持ち上げて守り、下からは近所の犬に噛まれ、上からはうちの犬に噛まれ、両手を何ヵ所も縫う羽目に。
大学生の時は、花バサミで枝を切ってたら指の腹をブチンとV字に切り2針縫い…

毎回外科に行く度に泣き叫び、医者から「どこの幼稚園児や!」と怒られるほどみっともない姿を見せてきました。
「何も痛くない!!麻酔の注射するんやから!」と言われても、その注射が怖いから泣いてたんだよ!
パッカーンと開いた傷口に麻酔針を刺す あの恐怖。

そんな華々しい経歴の持ち主だけに、注射となると過去の怪我の時の痛みが蘇る。
だから鍼灸なんて絶対行きたくなかったのですが、さすがに痛みには耐えられず、ついに初針体験となりました。

針が刺さるところは見えないけど、今来るか今刺されるのかと思う時間がもう地獄。
「チクッとしますよ」って、言うなそんなこと!余計に怖いじゃないか!!
「足首のきわにツボがあるので、そこにも刺しますよ」って、やめて〜っ、想像してしまう!
怖さのあまり身体に力が入り、余計痛い。

さすがに今回は泣き叫びはしませんでしたが、口から心臓が飛び出そうでした。30分ほどの治療が2時間ほどに感じられ、終わったら汗だく。

でも随分楽になり、針効果を実感。針ってすごいわ、さすが中国四千年の歴史。
とはいえ効果を実感してもやはり行くのは怖い。
鍼灸院の前に着いて、まず深呼吸。深呼吸するとズキッとくるから、痛みが「よし入るぞ」という後押しになる。
そして門の扉に手をかけ、「勇気を出すんだ」と自分に言い聞かせる。
で、そのまましばらく立ち止まる。
「治したいなら入るんや。ここを通ればあとは楽になるんや、入るぞ」とまた言い聞かせ、やっと入る。

この儀式を通院ごとに毎回やってますが、おかげで今回のギックリは治りが早い気がする。

まだあと数回は通わないといけないそうで、「そろそろ行かねば」「いや、あと30分後にしよ」などと、恐怖と戦いながらの鍼灸院通いは、暑さをすっかり忘れる寒〜い時間となっております。



posted by 安楽満 帆志 at 00:00| Comment(0) | エッセイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: