2016年06月01日

2016年6月

すっかり夏のような毎日ですが、夜はさすがに涼しくて過ごしやすく、グッスリ眠れて朝も起きられず、這うようにして身体を布団から引きずり出す日々です。

5月の我が家は物要りでした(涙)
お風呂の床タイルとバスタブの境目が一部陥没、排水口もボロボロ。
ガレージの波板は日焼けして変形し、台風が来れば剥がれ飛び、3分の2しか残ってない歯抜け状態。
さすがにもうアカンと浴室と波板を改修しました。

築30年のバスタブはステンレス。浴室の壁下半分がタイル、上半分が白壁という構造で、白壁にはカビで黒い模様ができ、半年ごとに「泡ブリーチ」なる漂白剤を吹き付けてたのですが、さすがに「泡ブリーチから解放されたい」思いが募り、「システムバスにするぞ!!」と決意。

しかし、我が家の浴室は、片面が出窓になってるため、真四角のシステムバスは「使えませんので、パネルを側面と出窓と天井に貼り付ける改修になります」とのこと。「じゃあ、それで」とお願いしたものの、お風呂リフォームって高いわ!!
まずは風が吹いたら飛んでご近所にご迷惑をかける波板の交換。すっかりキレイになり大満足。

次に浴室。
バスタブを新しいホーロー製に替え、タイル床と側面下半分をパネルに替え、そこですでに80万…。もう予算オーバー。側面上半分の白壁と天井は泣く泣く諦めることに…(全部やると110万)。

数日間はお風呂使えず、田舎なもんで近くに銭湯もなく、車で10分の川沿いにある釣り旅館のお風呂に行こうと言うと、娘が 「中学の時の職場体験で行った旅館や。ひたすら箸袋に割り箸入れさせられたとこや。絶対イヤ!!」と拒否。
仕方なく車で30分のスーパー銭湯まで行く羽目に…。

スーパー銭湯って、平日夜10時くらいでも人いっぱいなのね、知らなかった。
せっかくだしいろんな種類のお風呂に入りたい私。しかし息子はサッサと上がるから「遅すぎ!!」と怒られる。
急いで脱いで急いで入ってすぐ上がらねばならず、行くのに30分、お風呂が20分、帰り道に30分と、疲れを取りにお風呂に行ってるのに、倍疲れて帰ってくる日々。

そんなこんなで、やっと完成したお風呂。
石鹸やシャンプーやボディータオルを運び入れ、タオル掛けの吸盤フックを着けたらスルスル〜と落ちる。
「前の古いのじゃダメなんか」と思い、新品のを100均に3つ買いに行き、「これでどうや!」と着けたら、またスルスル〜と落ちる。 「安物はさすがにダメか」と、今度はホームセンターへ行き、「どうせならシャンプーとか石鹸とかも置けるステンレスの金網ボックスも吸盤でつけよう」と1つ350円の高い吸盤を10個購入。 ところがそれも着かない! またスルスル〜と落ちていく。

業者に電話して「吸盤がつかない。どうすればいいの」と尋ねると、「奥さん、そりゃ凸凹のあるパネルに吸盤着けるのは無理ですわ。シャンプー台やタオル掛けをつける工事しましょか」と言われ…。
予算オーバーしてるのにこれ以上払えるかいっ!吸盤13個も買ったのにどうしてくれるねん!

頭にきた私は木工ボンドを吸盤に塗りたくり、気合いで押し付け、くっつけました!!

「どや、くっついたやんか、ざまあ見ろ!!」
何にざまあ見ろなのかわかりませんが、 毎回吸盤が落ちてないのを確かめるたびに気分爽快。毎日快適お風呂生活を送っております。(白壁は見ないようにしております)。

2016_06.jpg

左:吸盤で取り付けた金属の網とネット
右:ボンドで完璧、100均吸盤と黒ずんだ白壁


posted by 安楽満 帆志 at 00:00| Comment(0) | エッセイ

2016年05月01日

2016年5月

やっと休める、と楽しみにしていたゴールデンウィークも終わってしまいました…。
皆様はどこかにおでかけになりましたか?

私は4月に学校内での学部が異動になり、6年間いた中学部から、高等部(高校生)の担任となってしまいました。
前に担任していたクラスでは分刻みに動くような回転の速い日常だったのが、今度はものすごくゆっくりペースの生徒たちのクラス。言葉もゆっくりだし動きも待ちが長い。
「昨日は何をしていましたか?」の問いかけにも、「え〜とね〜…きのうは〜〜、家で〜、え〜っとぉ〜」てな調子でひとつの話をするにも何分もかかる。それを他の担任は菩薩のような微笑みで「そぅっかぁ〜。それは楽しそうだねぇ〜。」などと言葉が終わるまで気長に聞いて優しい相づちを打っておられる。
私はといえば、顔はニコニコと微笑みを浮かべて(作り笑い)聞いてるものの、超イラチの私の心はもうイライラの限界。じっと聞くってこんなに難しいものなのね…。
他の2人の担任もゆっくりペースの人たちで、優しくて穏やかで柔らかい。だからこそゆっくりクラスにピッタシな訳で、ならばなぜ「早口、早飯、早歩きの超イラチ」の私がこのクラスの配置なのか!? 1分もじっとしてられない性格なのに、絶対配置ミスだよ!

家でボヤいていると、娘が「それは神の采配。あなたに一番欠けてる部分だから。」と言う。
私「なんですと!?」
娘「自分のペースで人を動かすのではなく、人の気持ちに寄り添い包み込む。神の「少しは落ち着きなさい」との采配」 と、宗教家のようなことを言う。
私にいつも「すぐやる!今やる!すぐ動け!!」と追いたてられてる息子もここぞとばかりに「あんたに与えられた試練やな、まさしく。ゆったりクラスの担任になったのならそのペースに合わす。それこそが教師やろ」と言う。
…はい、ごもっともです。 修業の1年、と考えて人格改造に励みます…。

どんな生徒にも合わせられるようにならねば、イラチとは決別するぞ、と決意し、登校してゆっくりしてる生徒に「あと15分で体育が始まるし、すぐ着替え!」と言いたいところをぐっとこらえて、「そろそろ着替えよっかぁ?」と優しく言う。
それでも絵を描いたりして動かぬ生徒に「時間見て!」と言いたいところ、「そろそろ絵は終わりにしようね」と優しく言う。
それでも「え〜〜」と一向に動かぬ生徒に「早くっ!!間に合わないっ!!」と追いたてたいところを「一緒に行こうね、さぁ、ノートを閉じようかな」と微笑みながら言う。
そして誰もいないトイレで「あぁーーっもうイライラするっ!!」と叫ぶ。 あぁ、やっぱり私って人間できてない、と反省の毎日。

こんな私ですが、環境は人を変えるもの。きっと3ヶ月も経てば穏やかで優雅な人間に変貌してるはず。

ゆったりとしたペースで生きるかわいい生徒たちとの出会いが、新たな私への第一歩、今日も頑張るぞぉっ!! と自分に言い聞かせている日々なのでございます。(自信ないけど)。

posted by 安楽満 帆志 at 00:00| Comment(0) | エッセイ

2016年03月01日

2016年3月

暖かい日々が戻ってきました。
我が学校も小学部・中学部・高等部と3つも卒業式があるので、会場設営や祝う会設営で、看板や机を出したり撤去したりと肉体労働の忙しい日々です。

せっかく換えたスタッドレスも、結局雪は降らずで役に立ったのは一度きり。クッソーッもったいない!!という思いでノーマルタイヤに戻しました。 ノーマルタイヤに換えて2日目に、走ってたらガンガラゴン ガンガラゴンと空き缶ぶら下げたような音がする…。
「どこの新婚や、こんな田舎で車に空き缶ぶら下げて恥ずかしい奴!」 と周りを見ても車は私だけ。
「私か!?」 そう、私でした… 。
あわてて車屋に駆け込み見てもらうと
「マフラーが腐っとるで。丸ごとマフラー交換や」と言われました… ショックぅ… 。
しかも「部品取り寄せに3日かかるで。音がせんようにくくりつけとくわ」とのことで、応急措置をしてもらいましたが、ガンガラゴンの音はさほど小さくならず、3日間は一人新婚旅行状態でした。チョー恥ずかしいよ…。
「前から後ろまでやられてるし5万やな」って、5万もすんの!?
マフラーが腐る主な原因は、マフラーは鉄でできてるので冬場の橋などに撒かれる塩化カルシウムなどがついて錆びて腐ることが多いらしい。
車屋に「雪が多い地域やし しゃーないで」と言われても、今年スタッドレスに換えたけど一回しか雪降ってないっちゅーの!!
「だいたい走行距離11万キロ越えてるんやし、それなりに傷むわ。ダイハツのマスコットのシカジカ君のマグネットあげるし、諦めなされ」と、思わね出費にガックリしてる私に車屋はマグネットを4つもくれました。
まあ車は静かになったけどさ…。
家に帰りマグネットを冷蔵庫にくっつけてみたが、またこれが磁力が弱いし!!
薄っぺらい紙しかひっつかんし、厚手の紙を挟むとスルーっと下に流れるように落ちました…。

なんなんだよ、ホントにもう…

花粉症で苦しいし、出費は痛いし、マグネットは使えんし、なんだか散々だぁ〜っ!! と、
春なのに気分はどよ〜んとしているこの頃なんです…

2016_03.jpg
    カクカクシカジカ マグネット


posted by 安楽満 帆志 at 00:00| Comment(0) | エッセイ